仕事と育児に追われながらも日々の出来事を発信、お得な情報、高額教材、高額塾で学んだことも配信中!!
アウトプットをするためには、インプットが必要ですが、

脳への定着率は

復習すれば定着率2倍、伝えることで定着率3倍

だそうです。

よく知られているように、
 
心理学者ヘルマン・エビングハウスは

記憶の忘却は1日目には激しく、後は緩やかに起きる

という現象の発見者。


 <エビングハウスの忘却曲線>
 
 http://tinyurl.com/396bup


このグラフはご覧の通り、右肩下がりになっているわけですが、

「定期的な復習」をおこなうことで、強制的に「下から上に」記憶を突き上げていくわけです。

これが記憶を定着させる一つの方法です。


人の忘却のクセをうまく使って、
 
ほんの数分ずつ傍線部分を読み直すだけで、読んだ内容を頭にしっかり刻み込めるはずです。

そして、さらに内容を脳に刻み込める方法として、アウトプットがあります。

アウトプットするということは、

 脳に入れた内容を誰かに伝える、発信する

ということ。つまり、


 【 読む → 理解する → 伝える 】


というプロセスを踏みます。


これにより、さらに深い理解とさらに強い脳への定着率を得ることができるようになるのです。

よく言われるように、


 【 最良の学習は、人に教えること 】


というのは本当ですね。


言い換えれば同じ勉強をしていても


 【 復習すれば定着率2倍、伝えることで定着率3倍 】


になるのです。

本を読んだときにも、

ブログやSNSの日記に要約を載せ、感想を伝える

私信でも「こんな面白い本を読んだのですが」とメールしてみる

会う人会う人に内容をシェアする

などの方法をとれば

自然と


 【 復習 → 伝える 】


の3倍速の加速学習を実現できるようになります。

読書の後に必ず外部に発信することを試してみる。

そうすれば同じ本を読んだ他の人に比べてより深く理解することができるうえ、

脳にも「3倍の定着率」を得られることを知るでしょう。

注目ブログランキング!

ブログランキングに参加してます!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letsaffiliate.blog108.fc2.com/tb.php/58-5f32a3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック