仕事と育児に追われながらも日々の出来事を発信、お得な情報、高額教材、高額塾で学んだことも配信中!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税制面でのデメリットほど致命的なものはありませんが、
注意が必要なFXのデメリットとして挙げられるのが、
システムの安定性に関して各社ばらつきが大きいという点です。

FXはインターネットを通してパソコンの画面から様々な注文を行います。

刻々と変化する為替状況を見ながら的確なタイミングで注文をしなければならないFX取引で、
自分が利用しているインターネット回線に不具合が生じた場合、
取引にによっては大きな損失を被る危険性があります。

不具合の原因が、利用者側の接続不備ということであれば、
事前に手を打つことも可能ですが、
サーバーのダウンなど業者側のシステムの脆弱性に原因があった場合は
手の打ちようがありません。

そしてFXの場合、業者側のシステムに問題があって取引画面にアクセスできない、
注文したレートで約定しないということが意外に多く、
安定性において業者間でばらつきも多いというデメリットがあります。

ばらつきが多いと言うことは、
もちろん堅牢なシステムで運営されている業者もあるということです。

こうした業者だと、緊急時にアクセスが集中してもスムーズにログインでき、
約定率も極めて高いので、安心して利用出来ます。

しかし、その反対の業者だと、
ログインすらできずに大きな損失を被った利用者も多数いたのです。

ちなみにFX業者は、システム上のトラブルによる顧客の損失まで
保証しないことになっていますので、
このことはあらかじめ覚えておかなければいけません。

安定したシステムで運営されている業者は、
それだけの経費をかけられるということですから、
財務上も健全な経営がなされていると考えられます。

スプレッドやスワップポイントも大事ですが、
業者のシステムの安定度についてもしっかり情報をとり精査した上で
取引する口座を決めておきたいものです。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://letsaffiliate.blog108.fc2.com/tb.php/257-a156246a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。